男性諸問題について

男性諸問題について(自費治療等)

ED治療

EDとは、Erectile Dysfunctionの略で「勃起機能の低下」を意味します。 低下するということは具体的には「性交時に十分な勃起が得られない、もしくは十分な勃起が維持できず、思い通りの性交が行えない状態」と考えてください。男性ならほとんど多くの人に起こり得る状態でありますが薬剤にて改善しやすい病態です。一度でも大事な時にそういったことが起きたり、以前とは違った自分に気づいた時にはデリケートな男性はさらに萎縮することが多くさらなる悪循環をおこすことも事実です。

本邦で行われたEDに関する疫学調査の結果では、日本では現在、40歳以上男性の半数以上が何らかの原因でEDになっていると考えられています。最近の疫学調査ではすでに30歳代からすでに同様の症状にかかりながらもその症状に気づいていない人もいると言われております。なぜならEDはとくに日本国内ではなかなか口に出すのが恥ずかしいということもあり、その実体を把握するのが難しいのです。
その一方で日本でEDに悩む人は、1000万人以上とも言われています。原因としては糖尿病はもとより高血圧、高脂血症、泌尿器疾患に付随するものなど多岐にわたる基礎疾患やそのほか病名をつけることがむずかしい精神的なものもあるからです。

現在上記の症状を抱える多くの患者さんがいらっしゃいますが、一体どの病院に行けばいいのかそれさえも躊躇する原因になっています。当院ではそういった相談にも気軽に相談できるように配慮させていただいております。整形外科領域外についても気になることがあれば気軽に相談していただければ幸いです。あらゆる症状について適切に対応させていただきます。
 これらの薬の内服によって無差別に反応が起きるわけではありません。種類にもよりますが、薬の効果は性的刺激があった際に男性機能の手助けを無理なく行うことができます。
実際に薬の使用によって今までの性生活に対する認識が良い意味で変わる患者さんも多数おられます。男性機能に問題がないと自負されている患者様でも内服によって自分の症状の違いに驚愕されることは間違いありません。


院内処方で、院長自らご相談に応じます。

自費診療となりますので、受付の際に「自費診療希望」と伝えていただくか、受付問診表の主訴欄に「自費診療希望」と記入していただければ、診察室にて問診、診察、処方、会計を済ますことも可能です。
自費治療についてはお薬代のみいただいており、他院と比べてもとくに低価格帯にて提供させていただいております。
お気軽にご来院ご相談ください。



治療薬について

レビトラ、シアリスは10mgもありますが、確実な効果を得るためにそれぞれ20mg錠の使用を本院ではおすすめしています。その上で、症状に合わせて減量もしくは維持していくのが良いと考えます。また基礎疾患がある場合は合わせて治療を行うことにより相乗効果が得られます。
それぞれの薬剤の効果の違いについては来院時に簡潔に説明させていただきますが、すべての薬剤を1Tずつご購入の上実際の使用感で継続使用を考えてもらえればいいかと思います。
たとえばレビトラは現在最も早く効果が現れるとされており、シアリスは36時間程度効果が持続する長時間作用性のED治療薬です。


■取扱治療薬

シアリスの情報サイトはこちら

レビトラ錠(R)の情報サイトはこちら

バイアグラの情報サイトはこちら



治療費について

各剤型により価格は以下の価格でご提供させていただいております。

バイアグラ 50mg  → → →  1200円(税込)

レビトラ  20mg  → → →  2000円(税込)

シアリス  20mg  → → →  2200円(税込)


ED治療薬剤料のみで診察料金はかかりません。 料金にはカウンセリング料金も含まれております。 バイアグラ、レビトラ、シアリスともに正規品、ジェネリック(後発品)をご用意しております。 初診時は正規品を処方させていただいた上で再診時にはジェネリックの処方も提案させていただきます。 ED治療薬は健康保険が使えませんので、健康保険証は不要です。


  • Hydrorelease(筋膜リリース)
  • 美容
  • 整形外科
  • 成長相談
  • 骨折・ケガ
  • 交通事故
  • その他の診療
  • 男性諸問題

お役立ちリンク|きむら整形外科クリニック|もりのみやキューズモール

アクセス|きむら整形外科クリニック|もりのみやキューズモール