Hydrorelease(筋膜リリース)

筋膜リリースと決別します。

Hydroreleaseとは
「超音波ガイド下に結合組織に薬液を広げる手技」
今後当院では筋膜リリース Hydrorelease(略してHR)と表記変更させていただきます。

理由として筋膜リリースという言葉がひとり歩きしすぎて筋膜ストレッチや筋膜運動までは理解できますが理由や原理も説明せずに筋膜ダイエットなどという言葉まで作られてきてとても胡散臭く感じるようになってしまったからです。
なんでもダイエットということばをつければいいというものじゃない!


当クリニックの治療では生理食塩水を主として疼痛や症状を誘発していると考えられる部位を特定しその部位の神経・血管・筋腱の滑走性を高めることによって症状の軽減を目指します。もちろんまだまだ治療効果が100%というわけにはいきませんがその数値を高めるために日々精進しております。
苦渋の判断ですがまだまだHRは世間一般には知られていないと思いますのでHydrorelease(筋膜リリース)としばらくは併記させていただきます。

なぜHRが疼痛の改善に効果があるのか
現時点で考えられている原理として 加齢や外傷などの衝撃、持続する同一姿勢で神経・血管・筋腱などが過剰に引き延ばされます。過剰でなければ復元力はゴム紐のように回復するのですが一定の外力を超えてしまう、もしくはその部位に牽引状態が維持されると疼痛を感じる神経が疲弊していると考えられます。そこでその神経周囲に水分をあたえ、間隙を広げることにより以前のような滑走性を高めます、そのことにより疼痛やしびれの改善に効果があると考えられます。 数年前の交通事故でいまだにめまいや肩こりに悩まされている患者さんにも症状に合わせてHR行うことによりそういった症状の改善効果も期待できます。
野球肘、野球肩、ランニング障害、めまい、耳鳴り でも
野球やランニングなどで骨や筋肉に異常はないけど原因不明とされた痛みや運動時痛、年齢だから仕方がないとあきらめている症状にもHRの効果が期待できるのではないかと考えています。治療効果の実績もあります。(まだまだ数百例程度と症例数は少ないですが) さらに 頚部神経根のなかのC4といわれる神経根が刺激されると交感神経系に関連する症状として頭痛・めまい・耳鳴り眼精疲労などが惹起されると考えられています。つまりこの部位にHRすることにより症状の改善効果が期待されることが経験上確認されてきております。
超音波検査(エコー)を使う利点
星状神経節ブロック、頚部神経根ブロック、腕神経叢ブロックなど以前は術者の経験を頼りに行っていたものがより安全かつ確実に行えるようになりました。施術中に患者さんと一緒に画像を確認できます。今後検査機器の発達に伴いさらに治療効果が飛躍的に向上すると考えられます。
当院ではHRを行いながらの投薬治療も、また投薬治療のみでも
患者さんの希望に合わせて治療を行っていきますので
診察の際に要望をお伝えください。
「先進運動器エコーフォーラム2017」に参加しました
@2017/11/12 
 
講師紹介
・皆川 洋至 先生  整形外科 / 城東整形外科 診療部長 【 プロフィール 】
・岩崎 博 先生   整形外科 / 和歌山県立医科大学 整形外科【 プロフィール 】
・吉田 眞一 先生  整形外科 / よしだ整形外科 【 プロフィール 】
・宮武 和馬 先生  整形外科 / 横浜市立大学 整形外科【 プロフィール 】
・今西 宣晶 先生  慶應義塾大学 医学部解剖学教室【 プロフィール 】

白石吉彦先生のセミナーに参加しました @2017/7/16 
【テーマ:外来超音波診療について】

講師:白石先生のプロフィール【 コチラから 】  【 隠岐島前病院 】
  • Hydrorelease(筋膜リリース)
  • 美容
  • 整形外科
  • 成長相談
  • 骨折・ケガ
  • 交通事故
  • その他の診療
  • 男性諸問題

お役立ちリンク|きむら整形外科クリニック|もりのみやキューズモール

アクセス|きむら整形外科クリニック|もりのみやキューズモール