きむら整形外科
予約についてお問い合わせ先

奈良登美ヶ丘 きむら整形外科|ハイドロリリース 筋膜リリース注射 ファシアリリース

お問い合わせ先

当整形外科の肩こり等の
痛み治療の特長

当整形外科では、肩こりなどの痛み治療としてエコーガイド下ハイドロリリース・ファシアリリース(以前は筋膜リリースといわれていたかもしれません)を行っております。最新の治療の一例もしくは上記Twitter確認してみてください。
最新の治療の一例

運動器エコー診察

当医院では運動器エコー診察をおこなっております。術後や外傷後の関節可動域の制限が強い場合にはハイドロリリースを行うことによって早期に可動域の改善を目指す治療を積極的に行っています。(保険適応)

お知らせ

2020/3/7(土曜日)午後休診

3/7(土曜日)の午後の診察は休診とさせて頂きます。午前は診察を行っています。なにとぞよろしくお願いいたします。

最新のファシアリリースについて

2020/1/15より、疼痛を誘発する新生血管の血流にも注目した上で新たな方法でリリースを行っています。すべての症状に適応できるわけではありませんが患者さんの症状に合わせて説明同意を得て治療を行っていきます。治療費は従来のものとかわりありません。詳しい内容は診察時に説明させて頂いています。
こちらのリンクをクリック(ツイッターとグーグルに詳細記事があります。)

夜間の受付時間

午後の診察、最終受付時間は19:00です。時間間際の受診の際にはご連絡いただければ臨機応変に対応させていただきます。診察は19:30まで行っております。外が寒くて暗いためか、いまのところ比較的に午後はお話が長めにできます。肩こり・腰痛、内服薬の見直し、不眠、医療脱毛、ED、などなど時間の許せる限り可能な範囲で。

トピックス

長引く痛み(肩こり、腰痛)、外反母趾、足底筋膜炎、ヘバーデン結節などに対する治療

 当院では常に新しい知識を取り入れ説明・治療にいかしております。
痛みが長引く原因や痛みの伝導路や解剖学的説明はいまだ完全に解明されていません。今現在でも、それらの原因の解明の入り口に入ったばかりです。しかし、いま運動器における疼痛発生機序の解明は従来の枠組みを超えてドラスティックに動いています。そしてその治療方法もしかりです。従来の疼痛治療を漫然と行っていても何も解決しません。年齢のため仕方がないこと、手術しても治らない状態、手術をしても直る保証がない。とにかく仕方がないと自分にいいきかせたり、大好きなスポーツを断念せざるを得なくなったり、外出を避けたり、いろいろなことをあきらめてはいませんか?
 ファシア、ハイドロリリース、新生血管、自由神経終末、脊髄神経後枝、頚横神経などの疼痛や慢性痛を説明するキーワードを駆使したうえで十分な説明をしながら新しい治療を行っています。
テニス肘、外反母趾、足底筋膜炎、ヘバーデン結節による痛みなどは装具を作ったり、靴を替えるだけでは解決しないことがあります。当院では末梢性疼痛(足底筋膜炎、ヘバーデン結節などなど)に対する血管塞栓術、肩こり腰痛などに対するハイドロリリースなどの新しい治療について納得できる説明と治療をさせていただきます。

当院での治療、予防医学、治療後の生活など

病気や怪我は意図しなくても突然やってきます。交通事故なども注意をしていても巻き込まれます。しかし、予防はできます。とくに病気の場合は予防医学が発達してきていますから。

個別個別の病気が治ればそれで終わりではありません。
たとえば人工の膝関節手術を行ったら。膝の治療はおわりではありません。手術がうまくいったからと言って
すべてがうまくいくわけではないです。(もちろん、それで痛みが完全になくなれば最高です。)
できるだけ元の生活ができるように、一緒に考えさせてください。また、今後未来における生活の変化に対応するための相談もさせてください。とても、時間のかかることかもしれません。でも一緒に考えていきましょう。
年齢を重ねる内に身体の不調は増える傾向にあります。一方、予防はそれよりもずっと前から考えた方がいい場面がおおいです。黙っていてもわかることもあります、でもしっかり声に出して話すことがもっと大事です。その話せるような環境をつくること、ご自身もどんな些細なことでも話すように心がけましょう。そのお手伝いを当医院でさせてください。

多剤服用の問題点について(ポリファーマシー)

 当院では必要な時期や期間に必要な量の処方しか行いません。他院で処方されたものであっても不必要と判断したものは診察時に指摘させていただきます。
 サプリメント、睡眠薬、痛み止め、高血圧治療薬などはその量と内服タイミングに注意が必要です。

インフォームド・コンセントとエコーガイド下ハイドロリリース(ファシアリリースについて)

 治療において最初に必要なこととしてインフォームド・コンセント(IC)があります。
私自身上記の考えから可能な範囲で説明に時間をかけます。
他院で十分な説明を受けることができなかった、説明が理解できなかった患者さんは遠慮なく当院へ受診してください。どうしても説明しきれない場合や内容が多すぎて早口になってしまったり、一方的な説明にならないように注意をしたいと思います。
 ハイドロリリースは受診時にICさせていただきますが、当HPでも説明がありますので診察前に可能な範囲で熟読していただけると有り難いです。
 当院ではエコーガイド下でハイドロリリース、ファシアリリースを積極的に行っております。
同じ技術を用いて頚椎神経根ブロックや正中神経ブロック、橈骨神経ブロック、上頚神経ブロック、星状神経節ブロックなどあらゆるところに自信を持ってブロックを行う技術があります。
 ハイドロリリースやファシアリリース、ファッシャリリースはすべて同じ意味です。
以前は「筋膜リリース」という言葉でテレビなどでも紹介されていたかもしれませんが、最近では前者の単語を浸透させようと日本整形内科学研究会を中心に活動を行っています。
 私自身、前医療機関(大阪市内)において5年ほど前から積極的に上記手技を用いて数多くの患者さんの治療を行いました。なかなか改善しない肩こり、腰痛、五十肩、各筋肉などの痛みなどに対して治療を行うことができます。ぎっくり腰の一因とされる仙腸関節靱帯へのリリースや原因不明のめまいや頭痛の一因とされる浅頚神経叢へのリリースなども自信をもって行えます。

診療時間

診 療 時 間
9:30 ~ 12:30
16:00 ~ 19:30
☆:土曜日の午後診療は14:00~16:00まで
休診日:木曜・日曜・祝日

予約について

当院は完全予約制ではございませんが、電話での予約、受付での予約を承っております。
予約いたしました時間は時間帯として予約しています。そのお時間きっちりに診療を受けられるものではございません。
しかしながら普通に受診される方より優先的に順番をとっております。30分以内には診察が開始できるように調整をしています。

また、こちら側から予約をお願いする場合もございます。これにつきましては、当院での診療状況の把握や調整を行うためでもあります。
あらかじめご了承お願いします。

医院概要

きむら整形外科

所在地
〒631-0003
奈良県奈良市中登美ヶ丘3丁目1番
電話番号
0742-52-8114
診療科目
整形外科
院長
木村 匡秀
アクセス
【電車】
近鉄けいはんな線
学研奈良登美ヶ丘駅より徒歩9分
【バス】
奈良交通
北登美ヶ丘一丁目バス停より徒歩4分
【駐車場】
70台完備

きむら整形外科〒631-0003
奈良県奈良市中登美ヶ丘3丁目1番
Tel.0742-52-8114

© きむら整形外科

ページ
TOPへ