きむら整形外科
予約についてお問い合わせ先 images/img_curon_bn.png

交通事故

お問い合わせ先

交通事故とは

第一に事故にあって得することはありません。
そして事故後に意識があるかどうかが運命の分かれ道になります。
以下、意識がある前提になりますが。意識がない場合は救急病院での頑張りに期待して頂くしかないです。

まず、事故当日の予定はほぼキャンセルになります。しばらくの間の予定がつぶされます。気分が落ち込みます。車なり、思い入れのあるモノが壊れてしまい元に戻らなくなります。相手との交渉、警察との現場検証、仕事や予定の調整、車の修理など。すべてが終わらないと元の日常生活にもどれません。

身体のどこかが痛くても仕事に行かなければならないときもあります。私自身も過去に交通事故に巻き込まれた経験はありますが、病院にかかることはできず自分で怪我の程度や治療方法を判断しなければなりませんでした。

事務処理だけでも面倒でストレスのかかる作業です、しかも後ろから衝突された場合など被害者側に全く落ち度がなければ、相手との交渉は被害者自身が行わなければならず(弁護士特約があれば別ですが)、相手方に都合のいいように言いくるめられてしまうこともあります。
一概にはいえませんが業務で使われている車両が加害者側である場合、上記の苦労は増加する傾向にあります(今まで見てきた事故における保険交渉の過程で知り得た情報による)。

保険の取扱い上、保険会社によりますが交通事故の怪我と一般診察は同日同病院で診察をすることを認めない傾向があります。

以上を踏まえた上で以下の文章 行間を読んで頂きたいのですが、

病気や怪我は一枚の紙が変化することと考えてください。(後述)

当院では事故前後で変化してしまった状況を元に戻すお手伝いをします。
ある程度、自然治癒や患者さんの協力も必要です。
治癒過程には人によって時間経過にも差異があります、治癒判断や完治状態も人によって満足度がちがいます。症状の半分も改善すれば満足される方もいれば完全治癒を望まれる方もいます。
残念ながら無理難題を解決することはできません。怪我や痛みが治らない怒りなどなどは相手の保険会社にぶつけてください。
必要に応じて内服・外用薬などの処方を行います。
希望に応じて物理療法(電気治療や牽引、マッサージベッドなど)を行えます。
ルールを守って頂ければ予約の必要なく物理療法は最大1週間で5日受けることが可能です。
精神的負担は相手保険会社は考慮してくれないというか判断が難しいです。
結果、通院日数と等価交換になります(心療内科などの受診は予約がとるのが難しい傾向にあります、当院から紹介することはなく患者さん自身で準備することが求められます)。
初診時から当院で治療されている患者さんに関しては後遺障害の書類が必要であれば作成のお手伝いをします。
治療経過の状況を記録することが大事です。
自宅で痛くて動けなかった、仕事で忙しくて病院にかかる暇もなかった。検査に行く暇もなかった。などなど、事情は多岐にわたっても、相手の保険会社は考慮してくれません。最終的な治療保険金、見舞金の金額を判断するのは第三者になります。
その証拠となるのは通院日数、検査回数、薬の投与量その種類、そしてカルテの記録回数になります。

通院や交渉ごとはとても煩雑なことかもしれません。しかしその多い少ないがすべてを決めます。
一般に裁判に勝つにはたくさんの有利な証拠が必要です。補助金の申請はとても煩雑です。いい加減な申請では認められません。ローンの審査は金額が大きくなればなるほど厳しくなります。

以上を踏まえて 行間を読んで頂けましたか? 診察時には社会常識の範囲内で上記の説明に肉付けすることができます(希望時)。

事故の際に 整骨院と整形外科どっちにかかった方がいいですか?
知り合いには迷わず整形外科へかかるようにアドバイスをします、どんな立場であっても。


病気や怪我は一枚の紙が変化することと考えてください。

生まれたての子供は一枚のウェットティッシュ、年齢を重ねるにつれて、乾燥が進み、小学生にもなれば一枚の上質紙、さらに年齢を重ねるにつれてしっかりした段ボール紙に、後は徐々にいろいろなモノに変化していくかもしれないです。

怪我をすると紙は丸まったり、少し折れ目がついたり、汚れがついたりするとおもってください。ウェットティッシュはまるめてもほぼすぐ元の姿にもどります、反面強い力で引き裂かれます、上質紙はその逆だと思います。一度傷がつき変形してしまいますと完全には元の状態にはもどりません。あとは程度問題かと思います。

2023/1/17 院長

  • 整形外科
  • Hydrorelease
  • 骨粗しょう症・変形性関節症・関節可動域
  • ヘバーデン結節・外反母趾・テニス肘・足底筋膜炎・モートン病などの末梢の慢性疼痛治療
  • 指などの関節の痛み、足の関節まわりの痛み、長引く肘まわりの痛み
  • 交通事故
  • 医療脱毛
  • 痩身相談(自費治療)
  • 脇汗・発汗対策(保険)


当院は日本整形内科学会所属施設です

きむら整形外科〒631-0003
奈良県奈良市中登美ヶ丘3丁目1番
Tel.0742-52-8114

© きむら整形外科

ページ
TOPへ